降圧剤ってどんなもの?

降圧剤とは血圧降下剤ともいいます。病的な高血圧を薬の力で下降させ、血管の破裂その他の危険を回避する目的で使われる薬です。血圧が一時的に異常上昇したときには注射しますが、それ以外は内用することが望ましく、高血圧症の場合は規則的に服用して血圧の安定をはかります。要するに高血圧につかう薬で、血圧を下げる薬です。
その種類と仕組みはどうなっているのでしょうか?
2015年、現在、日本には主に6種類の降圧剤があり、様々な病院で処方されています。
(1)カルシウム拮抗薬 (アダラート、ノルバスク、カルブロック等)
多くの高血圧の人が処方されている降圧剤です。血管内で血管を調節する「血管平滑筋」という筋肉にカルシウムイオンが入ってくることによって、この筋肉が収縮し血圧はあがります。そこで、この薬の役目はカルシウムイオンを入ってくるのをブロックし、「血管平滑筋」の収縮を抑えて血圧を上昇させないようにする薬です。グレープフルーツと一緒に食べてはいけない薬として有名です。その理由は、グレープフルーツはカルシウム拮抗薬の分解を遅くするため、薬が効きすぎて血圧が異常に下がってしまう危険があるためです。
(2)アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)(ディオバン、ブロプレスオルメテック等)
血圧を上げる物質である「アンジオテンシンII」という物質の作用を邪魔することで、血管収縮や体液貯留、交感神経活性亢進を抑え、血圧を下げる薬です。
(3)ACE阻害薬(コバシル、アデカット、プレラン等)
血圧を上げる物質である「アンジオテンシンII」はそのもととなる「アンジオテンシンI」からできています。その「アンジオテンシンI」を「アンジオテンシンII」に変換させる酵素「ACE」を邪魔して、「アンジオテンシンII」を作らせないようにして血圧を上げないようにする薬です。
(4)利尿薬(オイテンシン、ラシックス、ダイアート等)
おしっこの量を多くして、一緒にナトリウム(塩に含まれる物質)排出することで、血圧を下げる薬です。海外では昔から使われていました。
(5)β遮断薬(メインテート、アーチスト、サンドノーム等)
心臓にある「β受容体」を遮断することで心臓から送る血の量を減らし、交感神経を抑えることで血圧を下げる薬です。
(6)α遮断薬(ミニプレス、デタントール、カルデナリン等)
心臓にあるα受容体を遮断することによって血管の収縮を抑え、血圧を下げる薬。
また、最近では、それぞれの薬の組み合わせた薬もあります。

■個人輸入代行でお得に医薬品を購入しましょう
ノルバスクをネット通販で常備するならコチラのサイトがおすすめです